スポンサーリンク







勉強に使用した本

ネットの情報でも十分ですが、これは読んでほしい!という書籍を紹介します。

Web制作者のためのCSS設計の教科書 モダンWeb開発に欠かせない「修正しやすいCSS」の設計手法 Web制作者のための教科書シリーズ

コーディングを勉強しようという方には必ず読んで参考にしてほしい一冊!
CSSのクラス付けなど、自分のやり方でやりがちですが、メンテナンスや複数人での管理を考えるとある程度ルールは必要。そのルールが学べる一冊です。
自分ルールの変な癖がつく前、勉強段階で頭に入れておくと後々楽ですよ。

なるほどデザイン〈目で見て楽しむ新しいデザインの本。〉

作成物の例や比較が多く、とても読みやすい本です。

綺麗な写真や図が多く見ているだけでもデザインのセンスが上がったつもりになりますw

何をなんのために目立たさせるのか、強調するのか、どうあしらえばどういうイメージになるのか・・・まさになるほどデザイン。綺麗なだけでなく、意味のあるデザインを作りたい!デザイナーさんにオススメです。

誰のためのデザイン? 増補・改訂版 ―認知科学者のデザイン原論

いろんなデザイナーの間では有名な一冊かと思います。
分厚い本なので読みにくいのですが、頑張って読み進めると、デザインの本質に近づける!(気がします)
デザインというと、おしゃれなもの、こだわりなどを出したくなるもの。ですが使いやすさや見やすさなどもデザインの重要な役割です。この本はそういうデザインの原点を教えてくれるので、これからデザインを学びたい人、デザイン迷子の人にオススメです。

売れる公式50

女性向けやおしゃれデザインの本は多くありますが、こちらは 【シニア目線】 のデザインについて書かれている珍しい本。わかりやすい、見やすいサイトデザインの参考になります。

スポンサーリンク