こんにちは!WEB屋さんです。

私はWEBデザイナーのお仕事をフリーランスとして受けています。

同業者や、WEBデザイナーを目指している方に「どうやって仕事を取っているの?」とよく聞かれるので記事にしてみました。

フリーランスで仕事をしたい!その最大の難関はスキルではなく「仕事の取り方」。実際に自分が収入につなげることのできた方法をご紹介します。

スポンサーリンク







クラウドソーシング

クラウドソーシングサイトでコンペに参加したり、プロジェクトを提案することで仕事を取ることができます。
最初のうちはなかなか仕事が取りづらいですが、提案文の作成も勉強!と割り切り応募してみましょう。

クラウドソージングには制作会社の下請け案件もあり、継続して案件を回してもらえることも。

継続案件を得るためには、受けた仕事をしっかりこなすことはもちろん、「こまめな連絡」「ちょっとした気遣い」を大切にして信頼を稼ぎましょう。

WEB制作の案件があるクラウドソージングサイト


ランサーズ

クラウドワークス

Bizseek

現在WEBの案件が多いのはランサーズですが、その他のサイトもとりあえず登録&チェックしてチャンスを逃さないようにしましょう!

スキルシェアサイト

ココナラやタイムチケットのようなスキルを出品できるサイトで実績を積むのもお勧めです。

フリーランス初心者の方はいきなりホームページの作成ではなく、バナーの作成やちょっとしたコードの修正などから始めてみましょう。

お客様との仕事のやり取りや、どんな風に仕事を進めていけば良いか学べます。

お勧めスキルシェアサイト

ココナラ・タイムチケットは広告もバンバン出しており、集客してくれるので登録しておきましょう!

スキルクラウドはまだ、出品数が少ないですが、その分ライバルも少ないので今のうちに何かしら出品しておきましょう!

ココナラ

タイムチケット

スキルクラウド

異業種交流会・起業家との交流会

「異業種交流会って意味ないよねー」そんな声も聞きますが、意味があるかないかは運と自分次第

行ってみなければ、その会にどんな人が来るのかわからない・・・

思い切って何回か行ってみましょう!

普段はネットで仕事を発注しないような業種や年齢の方もおり狙い目です。

名刺お忘れなく!

同じく起業家の交流会や、起業家募集サイトなどで知り合った方からもお仕事いただいています。

WEB系プログラマーと仲良くする

フリーランスのWEBデザイナーを目指すなら、WEBツールやアプリなどを作っているプログラマーさんと仲良くしておくのがお勧めです。

ツールの画面もhtml/cssで作られているのでコーディングの依頼がもらえたり、ボタンやバナーなどの小さいパーツのデザインからサイトのデザイン〜コーディングまで回してもらえます。

逆にWEBサイトの仕事をしていて、自分の力では難しいWorpressのカスタマイズや、お客さんがWEBシステムを作りたがっている時は紹介することで助け合うことができます。

前の会社からの継続

最後に持ってきてしまいましたが、王道は前の会社から仕事をもらうことです。フリーランスで仕事をしている人の多くがこのパターンの仕事を持っているのではないでしょうか?

お互いに仕事の進め方などわかっていますし、安心して仕事ができます。

WEBデザイナー初心者だと難かしいかもしれませんが、1ヶ月や2ヶ月限定の求人などもあります。1・2ヶ月限定の仕事でしたら、受かりやすいですし、そういう募集をしている会社はちょこちょこWEBの仕事が発生する可能性が高いです。

1・2ヶ月誠実に働き、気に入ってもらえれば後につながる可能性も大です。

まとめ

以上WEBデザイナーのフリーランスでの仕事の取り方でした。

毎回新しいお客さんを探し、関係を作っていくのは大変です。

1度ご縁のあったお客さんからは継続案件や紹介がいただけるように、
何よりも誠実に対応することが、フリーランスでお仕事する上でのコツかなと思っています。

スポンサーリンク